生活家電

【Switchbot 】キーパッドタッチ+スマートロックで自宅をキーフリー生活へ!

おはこんばんちわ、けんけんです。

人生で一度は

奥さん
奥さん
玄関で鍵を取り出さずに、鍵の開け閉めが出来たらいいのになぁ

とか

けんけんJr
けんけんJr
鍵を持ち歩くのめんどくさいなぁ

なんて思った事はありませんか?

僕は買い物から帰ってきて、買い物袋を手に下げながら、玄関前で鍵を探したり、鍵を取り出して開錠する時に、よくそのように感じます。

実はその悩み、Switchbotの『スマートロック』と『キーパッドタッチ』、2つの商品を組み合わせる事で解決する事が出来るのです!



けんけん
けんけん
2つの商品を自宅に取り入れる事で、主に下記のような事が実現可能となりますよ。
出来るようになる事
  • 指紋で解錠が出来るようになる
  • キーパッドのボタン1つで施錠が出来る
  • 設定でオートロックにも出来る

けんけんJr
けんけんJr
鍵を持って行くの忘れて家に入れない…。
奥さん
奥さん
小学生のお子さんによくありがちなシーンだけど、指紋認証で解錠出来るから助かるわね!
けんけん
けんけん
出かける時も、キーパッドの施錠ボタンで鍵をかけられるから便利だし、鍵の閉め忘れ防止にオートロック機能にも対応しているから安心。

【Switchbot キーパッドタッチ】スペックと特徴

まず『キーパッドタッチ』とはどのようなものか見ていきましょう。

【Switchbot キーパッドタッチ】内容品とスペック

スペック
サイズ11.2 x 3.8 x 3.6 cm
重量130 g (電池含む)
材質PC+ABS
電池CR123A電池 2個
電池寿命約2年
使用環境屋内外
対応OSiOS 11.0以降、Android 5.0以降
通信方式Bluetooth Low Energy
動作温度-25℃~66℃
相対動作湿度10%~90%
保護等級IP65
内容品
  • キーパッド本体
  • 取付金属
  • 型紙シール
  • 両面テープ
  • CR123A電池
  • クリーニングティッシュ
  • 取り外し用ピン
  • SwitchBotカードキー
  • ネジパック
  • ゴムリング
  • セパレータ
  • 取扱説明書

キーパッドタッチは、スマートロックを更に便利にする為の拡張デバイスとなっているので、単品で購入しても意味がないので注意が必要です。

【Switchbot キーパッドタッチ】特徴

様々な解錠方法に対応!

Switchbotキーパッドタッチは、指紋、パスワード、カードキーなど様々な方法で、玄関のドアを解錠する事が可能です。

奥さん
奥さん
ポケットから鍵を出す必要がなく、指紋やパスワードで玄関の鍵が開くのは便利ね!

自分で取付が可能

取付時に工事の必要がなく、専門の知識なども無くても、商品に付属しているパーツだけで簡単に取り付ける事が出来ます。

けんけん
けんけん
ネジでも専用のテープでも好きな方法で取付が出来ます。

防塵・防水に優れ、バッテリーも長持ち

長期間の屋外設置にも耐えられるように、防塵・防水レベルIP65が採用されています。

IP65とは、塵埃の侵入を許さず、ノズルであらゆる方向から水を噴きかけても機器に影響が出ないレベルです。

バッテリーも3人家族だとして、1日に各々3回ずつロックを解錠した場合、約2年間電池交換の必要がありません。


【Switchbot スマートロック】スペックと特徴

キーパッドタッチの次は、自宅をキーフリー化する上で一番重要なスマートロックを見ていきます。

【Switchbot スマートロック】内容品とスペック

スペック
サイズ11.16 x 5.9 x 7.32 cm
重量253 g (電池含む)
材質金属
電池CR123A電池  2個
電池寿命約6ヶ月
使用環境屋内のみ
対応OSiOS 11.0以降、Android 5.0以降
通信方式Bluetooth 5.0
動作温度-10℃~45℃
相対動作湿度10%~90%
内容品
  • Switchbotロック
  • 両面テープ
  • Switchbotタグ
  • プラスドライバー
  • サムターンアダプター
  • 予備ネジ
  • 磁石
  • クリーニングティッシュ
  • ラベルシール
  • 取扱説明書

【Switchbot スマートロック】特徴

スマホや音声などでカギの解錠・施錠が出来る

Switchbotアプリ、Aiスピーカー、NFCタグを操作してカギの解錠・施錠が可能になるので、物理キーを使用する必要がなくなり便利です。(※物理キーをそのまま使用する事も可能)

また、アプリを使って遠隔操作でのカギの開け閉めも可能となっています。

けんけん
けんけん
設定によって、オートロックでの施錠も出来てしまいます。

様々なタイプのドアに対応

サムターンアダプターが3種類付属しているので、色々なタイプのドアに対応出来るようになっています。

鍵を交換する必要がない

既存の鍵にかぶせる形で取り付けるので、キーシリンダーなどを交換する必要がありません。

その為、キーパッドタッチ同様に取り付けも自分ひとりで行え、工事不要なのでとても簡単です。

スマートロックの設置と初期設定

キーパッドはスマートロックと併用して使用する為のアイテムとなっているので、先にスマートロックの設置と初期設定を行っていきます。

スマートロックの設置方法

まず付属のクリーニングティッシュで、取付場所のほこりや汚れを綺麗にします。

3種類のサムターンアダプターの中から、ドアのサムターンに合うものを1つ選んでスマートロック本体にパチッと取り付けます。

ドアのサムターンにスマートロックを合わせ、取付位置や取付方向の確認をします。

けんけん
けんけん
この時、ドアを開閉したりして引っかかり等がないか確認しておきましょう。

スマートロック上部の電池カバーを開け、土台アダプターの固定ネジを外して高さを調整します。手でスマートロックを固定しながら、手動でサムターンを回して引っかかりもなく解錠・施錠が出来るか確認してください。

高さが決まったら、土台アダプターの固定ネジを閉めます。

スマートロックのはくり紙を剥がして、サムターンアダプターとドアのサムターンの中心を合わせてスマートロックをドアに取り付けます。

けんけん
けんけん
1~2分押し付けるようにしましょう。

最後にサムターンアダプターの固定テープと電池の絶縁シートを抜き取ったら取付完了です。

スマートロックの初期設定

スマートロックの初期設定をしていきます。

Switchbotアプリのホーム画面右上の「+」を選択し、次の画面でスマートロックが検出されていれば「ロック」を、検出されていなければ手動で追加します。

アプリ内の指示に従って進み、ハブに接続しましょう。

続いて、ロックの設置方法が表示されるので、説明通りにドアに磁石を取り付けます。

動作確認を行い、問題がなければ初期設定完了となります。

キーパッドタッチの設置と初期設定

キーパッドタッチは設置してしまうと、パスコードや指紋の登録時にキーパッドタッチを取り外したりと面倒くさい事になるので、先に初期設定をする方が良いと思います。

キーパッドタッチの初期設定

キーパッドタッチの背面にある電池カバーを、付属のセパレータを使って開けて電池を入れます。

けんけん
けんけん
電池カバーが開けにくいと聞きましたが、セパレータを差し込んで下方向に倒す事で、意外に簡単に開く事が出来ました。

キーパッドタッチの初期設定も行っていきます。

スマートロックの登録と同じようにアプリのホーム画面右上の「+」、検出されている「キーパッドタッチ」を選択。

キーパッドタッチの一番下に配置されている、施錠ボタン(左)・確認ボタン(右)を2つ同時に約2秒間押し続けてください。表示ランプが緑に点滅した事を確認の上「次へ」を押します。

キーパッドタッチを追加を選択すると、次の画面で設置方法が表示されるので確認だけして先に進めば登録完了となります。

アプリにキーパッドタッチが登録出来たら、今度はキーパッドタッチにデバイス(スマートロック)を登録します。

アプリでキーパッドタッチを選択し、「登録」を選びます。ロックに登録する画面が表示されるので指示通りに操作して登録を完了しましょう。

けんけん
けんけん
後は、キーパッドタッチに解錠方法登録するだけです。

パスコードの登録方法

キーパッドタッチを選び「パスコード」にカーソルを合わせ「+」を押すと、「常に有効」~「緊急パスコード」までが表示されるので1つ選択します。

考えた6~12桁のパスコード(ランダムも可能)を設定すると追加する事が出来ます。

指紋の登録方法

パスコードの登録同様にアプリ内でキーパッドタッチを選び、「指紋」にカーソルを合わせてから「+」を押します。

パスコードを登録していないと指紋の登録は出来ません。

指示された通りに指紋検知エリアに指を置くだけなので、簡単に登録出来ると思います。

けんけん
けんけん
指紋は最大100個まで登録出来るので、左右の親指と人差し指を登録しておくと便利です。

NFCカードの登録方法

最後にNFCカードの登録方法も紹介しておきます。

「NFCカード」にカーソルを合わせて「+」を選択。キーパッドタッチ中央のNFCカード検知エリアにカードをかざすと登録出来ます。

キーパッドタッチの設置方法

まず、スマートロックの設置と同じように、取付位置をクリーニングティックで綺麗にします。

次に取付金属に両面テープを貼りつけておきます。上下と裏表を間違えないように気を付けましょう!

けんけん
けんけん
キーパッドタッチを取り付ける方法は、両面テープかビスになります。

任意の取り付け位置に両面テープ、又はビスで取付金属を設置します。

けんけん
けんけん
取付後、60秒程押し付けるようにして両面テープを接着させましょう。

最後にキーパッドタッチを取付金属にセットすれば完了です。

取り付け後、指紋認証などで操作してみました。キーパッドで読み取ってから解錠されるまでに1~2秒程かかりますが、とても快適です。

けんけん
けんけん
外出時はキーパッドにある施錠ボタンを押すだけ、帰宅時は指紋検知エリアに指をかざすだけなので、めちゃくちゃ楽です!

まとめ

今回はSWitchBotの「スマートロック」+「キーパッドタッチ」を用いて、玄関ドアのキーフリー化の様子を記事にしてみました。

奥さん
奥さん
めっちゃ便利ぃー!
けんけん
けんけん
おぉー!いいねぇー!

と家族からも好評です。

外出時に鍵を持って行くようにはしていますが、玄関前でポケットやカバンから鍵を出す必要がなくなったのでめちゃくちゃ便利で楽になりました。

SwitchBotには「キーパッド」と「キーパッドタッチ」の2種類が存在しますが、指紋で解錠が出来る「キーパッドタッチ」が個人的にはめちゃめちゃオススメです!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。