商品レビュー

プラズマライター危険性は?使い方やメリット・デメリットについて教えます!

おはこんばんちわ。けんけんです!

1年の中で何回ライターを使用しますか?

タバコを吸う人なら毎日何度も使用する事でしょう。それ以外でも、バースデーケーキのロウソク、線香、花火、バーベキューなどでもよく使用しますよね。

便利な反面、従来のガスライター・オイルライターは危険な面もあります。

  • 火事などの危険
  • 指が火傷しやすい
けん妻
けん妻
家においていると子供が火遊びしないか心配だわ

上記のような危険・心配事が少なからずあります。

我が家も非常時にすぐに使えるようにロウソクと100円ライターをまとめて置いてあるので、子供たちが火遊びをしないか少し心配ではありました。

けんけん
けんけん
そんな中で知ったのが、『プラズマライター』の存在です!

今回はプラズマライターの使い方やメリット・デメリット、気になる危険性について紹介していきたいと思います。

プラズマライターってどんなライター?

けん妻
けん妻
そもそも、プラズマライターって通常のライターとどう違うの?
けんけん
けんけん
通常のライターとの違いを簡単に言えば、火を使わない電子ライターだよ。
プラズマライター 点火

プラズマライターは電子ライターの1つとされています。

電子ライターにはガスを使用するものがあるのに対して、プラズマライターはガスを一切使用せずに、上の画像のようにプラズマだけで着火します。

圧電素子と言うものに衝撃を加え、高い電圧を発生させて火花を出し着火する仕組みになっているようです。

 


プラズマライターのメリットとデメリット

プラズマライターにもメリットとデメリットが存在します。

使用するにあたってどんなメリットがあり、反対にどんなデメリットがあるのかも見ておきましょう。

デメリット

  1. 火力が強くない
  2. 電池がなくなると使用出来ない
  3. 感電の危険性がある?

火力が強くない

直火に比べて火力が強くない印象です。

ですが、ライターに強い火力を求める場面ってそんなにないですよね。

タバコ・ロウソク・花火・線香などに着火する場合でも大して火力は必要ないので、普通に使用する分には特に気になる点ではないと思います。

けんけん
けんけん
試しにロウソクに火を点けてみましたが、約1秒で点火出来ました。

電池がなくなると使用出来ない

当たり前の話ですが、内臓バッテリーの電池残量がゼロになると着火する事は出来なくなってしまいます。

その為、電池残量のチェックは必要になってしまいます。

感電の危険性がある?

プラズマライターは言わば、小さなスタンガンみたいなものなので使い方や管理には注意が必要です。

普通に使用していたら感電する心配はいりませんが、プラズマ部分を体に押し当てたり指を突っ込んだりと無茶な事をしなければ感電する危険性はありません。

けんけん
けんけん
取扱いには十分に気を付けましょう!

メリット

  1. 火事などのリスクが少ない
  2. 風にも強い
  3. 火傷しない
  4. 簡単に充電出来る
  5. 環境にやさしい

火事などのリスクが少ない

直接的に火がでないので火事になるリスクが少ないので安全です。

通常のライターがガスコンロでプラズマライターがIHコンロだとイメージしてください。IHより直接火が出るガスコンロの方が危険ですよね?

勿論、IHコンロ同様に使い方を誤ればプラズマライターも危険がない訳ではありません。

しかし、通常のライターよりもプラズマライターの方が確実安全だと言えます。

風にも強い

風の強い日には通常のライターは火がなかなか点かないですよね、アウトドアなどのシーンで「使い物にならない」なんて事もよくあります。

その点プラズマライターは風の影響を全く受けないので、いつでも着火する事が可能です。

コレは大きなメリットと呼べるのではないでしょうか。

火傷しない

バースデーケーキのロウソクに着火しようとして、「熱ちぃ!」と親指を火傷したりしませんか?

プラズマライターは火傷の心配もなく、簡単に安全に対象物に火を付ける事が出来ます。

簡単に充電出来る

USBケーブルで内臓バッテリーを簡単に充電出来て、繰り返し使用する事が可能です。

内臓バッテリーにも寿命があるので、永遠に使用可能ではないと思います。USBで充電するライターの寿命は2万~3万回だとも言われます。

環境にもやさしい

ガスやオイルを一切使用しないので、環境にとてもやさしい商品です。ガスの補充も必要ありません。

プラズマライターの使い方

初めてプラズマライターを手に取った時、使い方がわからなかった部分がありました。

そう言った問題を解決すべく、プラズマライターの使い方を紹介したいと思います。

使用するプラズマライター

使い方の紹介で使用するのは下記の『COOHELA』のプラズマライターです。

プラズマライター セット内容
  • 本体
  • USBケーブル(約5cm)
  • 取扱説明書
プラズマライター ガスライター

画像を見てもらうと分かる通り、サイズは通常のライターと比べてもあまり変わりませんが、重量感はそこそこです。

COOHELA電子ライターの特徴
  • 1~2時間で充電出来る
  • ディスプレイで電池残量と点火回数の確認が出来る
  • 繰り返し使用出来る

ジッポみたいなデザインとLEDディスプレイで電池全量を確認出来るようになっている点などから、『COOHELA』のプラズマライターを購入しました。

使い方

プラズマライター 蓋開放

ライターの蓋を開けるとLEDディスプレイが点灯し、約5秒後には消灯します。

ディスプレイ点灯中に、本体横のスイッチを押す事で放電し着火可能となります。

けんけん
けんけん
蓋を閉じている時、ディスプレイが消えている時はスイッチを押しても着火しないよう設計されているので安心出来ます。
プラズマライター 点火

画像のようにプラズマ部分に対象物を当てる事で簡単に着火出来ます。

着火後にディスプレイを確認すると点火回数が1回増えていました。

けん妻
けん妻
ガスライターよりも簡単で危なくないわね!

[jin_icon_info color=”#e9546b” size=”18px”]USBでの充電も簡単

プラズマライター 充電

USBケーブルを接続する事で簡単に充電が可能です。

ディスプレイに「96」と表示されています。これは、現在の電池残量が96パーセントと言う事を表しています。

電池が100パーセントになるとディスプレイ消灯して、充電完了となります。

およそ1~2時間でフル充電出来ますが、バッテリーの劣化を防ぐ為に過充電には気を付けてください。

けんけん
けんけん
充電すると点火回数のカウンターがリセットされますよ。

まとめ

今回は電子ライターの1つ『プラズマライター』の危険性や使う上でのメリット・デメリットなどを紹介しましたがいかがだったでしょうか?

僕自身ガスライターの使い方が下手くそなのか、よく親指を火傷してしまいます。

そう言う事もあり「なんかいいものないかな?」と探していた時に見つけたのがプラズマライターでした。

ガスライターに比べて危険性も少ないですし、とても便利なアイテムだと思いますのでオススメです。

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です