ゲーム

【Maxku Swtich Pro コントローラー】レビュー。フィット感とグリップ力が最高

おはこんばんちわ。けんけんです。

任天堂Switchって、家族みんなで楽しめるゲームが多くて楽しいですよね。

ただ、任天堂Switchには販売当初から1つの問題点があります。長くプレイしてきた人は1度は経験済みで、Switchユーザーにはお馴染みかもしれません。

そう!コントローラーのアナログスティックがすぐ壊れる所です。

けんけん
けんけん
コントローラーが壊れた時の対処法は主に以下の3つです。
  1. 任天堂へ修理を出す
  2. パーツを購入して自分で修理する
  3. 新しくコントローラーを買う

僕は全ての対象法を1回は経験しています。

純正の『joy-con』に不具合が出た時には任天堂へ修理に出しました。

任天堂へジョイコン(joy-con)の修理を依頼する手順おはこんばんちは。けんけんです。 とうとう我が家のNintendo Switchのジョイコンにも来ましたよ。不具合が...。 ちなみ...

その次はAmazonでパーツを購入して自分の手で修理しました。

Joy-Con(ジョイコン) 右スティックの不具合は自分でも修理出来ます!おはこんばんちわ!けんけんです。 我が家の【Nintendo Switch】 今度は右のJoy-Conのアナログスティックに...

それから、激しくアナログスティックを操作するゲームの為にProコントローラーを購入しました。

今回は以前に購入したプロコンの右スティックが壊れたので、新たに下記のプロコンを購入しました。

我が家では3台目のプロコンとなる【Maxku Switch Pro コントローラー】のレビューをお届けします。

【Maxku Switch Pro コントローラー】のスペックと内容品

maxku セット内容
サイズ157mm x 110mm x  57mm
重量200g
バッテリー容量500mAh(外箱記載)、450mAh(取扱説明書記載)
連続使用可能時間6時間(外箱記載)、6~8時間(取扱説明書記載)
充電時間2時間(外箱記載)、2~3時間(取扱説明書記載)
Bluetooth接続距離約 10m
USBケーブル 長さ約 70cm

バッテリー容量などいくつかの点で、外箱と取扱説明書に記載されているスペックに若干の違いがあります。

内容品
  • プロコン本体
  • USB充電ケーブル(Type c)
  • 取扱説明書


【Maxku Switch Pro コントローラー】の特徴

【Maxku Switch Pro コントローラー】の特徴を見て行きましょう!

NFC機能搭載

このコントローラーにはNFC機能(近距離無線通信)が搭載されていますので、NFC機能を使用して「Amiibo」を読み込む事が出来ます。

けんけん
けんけん
Amiibo持ってないので検証は出来ていませんが、Amiiboとは上記のような商品です。

長時間連続使用が可能

500mAhのバッテリーが内蔵されているので、1回の充電で約6~8時間連続使用が可能となっております。

※Amazonの商品説明欄にはフル充電で約8~12時間連続使用出来ると記載されているので、この辺りは実際に使用して確認してみたいと思います。

充電は約2時間の充電時間でMAXになります。

振動&ジャイロセンサーなども搭載

6軸ジャイロセンサーが搭載されているので、対応のゲームソフトでジャイロ操作を楽しむ事が出来ます。

それと同時に振動機能もしっかりと用意されているので、ゲーム中にダメージなどを受けた場合にコントローラーが振動して、より臨場感を味わえるようになっています。

振動レベルは 0、40パーセント、70パーセント、100パーセントの4つのレベルがあります。

【Maxku Switch Pro コントローラー】実際に使用した感想

ここからはコントローラー本体と実際に使用してみて感じ事などを紹介していきます。

まずコントローラー本体をじっくり見ていきます。

本体
maxku ボタン右側

A/B/X/Yの各ボタンとアナログスティックの操作性は、固くもなく柔らかくもなく一般的な感じです。

ゲームでのタイムラグも特になく、反応も上々です。

maxku ボタン左側

+/-/O/Tの4つのボタンは小さく弾力もあまり感じられないので、ボタンを操作した感覚があまり得られません。

maxku ボタン上面

コントローラー上面の各ボタンは特に気になる所はありませんでした。

maxku グリップ

コントローラー自体がほどよいサイズになっているので、手に持った感じはフィット感抜群といった印象です。

小学生の子共も「持ちやすい」と言っています。

けんけん
けんけん
写真のように滑り止め加工もされているので、十分グリップ力もありますよ。
ペアリング方法

Nintendo Switch本体を起動し、「コントローラー」→「持ちかた/順番を変える」の順に選択します。

次に、【Maxku Proコントローラー】の「ホーム」ボタンを数秒長押しします。

maxku ペアリング中

すると写真のようにLEDライトがゆっくりと点滅し始めます。

「ホーム」ボタンはまだ離さないでください!

LEDライトの点滅が早くなるので、早くなったらコントローラーの「ホーム」ボタンから指を離します。

maxku ペアリンク完了

簡単にスムーズにSwitch本体とのペアリングが出来ました!

けんけん
けんけん
1度ペアリングを済ませると、2回目からはSwitchのホーム画面を立ち上げた状態でコントローラーの「ホーム」ボタンを押すだけで簡単に、素早くペアリング出来ます!

 

【Maxku Switch Pro コントローラー】総括

今回、3台目となるプロコン【Maxku Switch Pro コントローラー】を購入したので、そのレビューでした。

純正のプロコンは高いので未だに購入した事がありません。その為に純正品と比べる事も出来ませんが、半額ぐらいの値段のProコントローラーでも我が家では問題なく使用出来ています。

購入したてなので、正直なところ耐久性についてはわかりません。それは、純正品であってもわからないところです。

もし、壊れたり不具合が見られるようになった場合は記事に追記する予定にしています。

長期間にわたって使用出来る事を祈りたいと思います。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です