オーディオ

【OneOdio Pro-G】ヘッドホンを購入するなら着脱式マイクが付属したゲーミングヘッドセットがお得!

おはこんばんちわ!けんけんです。

低価格ながら確かなサウンド、フィット感、デザインの良さ等で愛用者も多い【OneOdio】のヘッドホン。

そのOneOdioのヘッドホンに着脱式のマイクが付属した、ゲーミングヘッドセットを発見!

以前にゲーミングヘッドセットを探していた時から【OneOdio】のヘッドホンに興味を持っていたのですが、マイクが付いていなかったので購入を断念。

ちなみにその時は子供のゲーミングヘッドセットを探していた事もあり、下記のゲーミングヘッドセットを購入しました。

Beexcellent GM-1 アイキャッチ画像
【Beexcellent GM-1】ゲーミングヘッドセットは低価格な上にボイスチャットも出来てオススメですおはこんばんちわ!けんけんです。 ずいぶん昔に購入したELECOMのヘッドフォン。 イヤーパッドがいつの間にかボロボロになっ...

改めて、自分用のヘッドホンの購入を考えていた時に【OneOdio】からもマイク付きのヘッドホンが販売されている事を知り、「これはお得!」と思わず購入してしまいました。

今回は【OneOdio】のゲーミングヘッドセットを紹介していきます。

【OneOdio Pro-G】ヘッドホンのスペックと内容品

スペック
型式密閉ダイナミック型
ドライバー50 mm
周波数20-20,000 Hz
インピーダンス30 Ω
マグネットタイプNdFeB磁石
最大入力300mW
感度118 ± 3dB
プラグ6.3mmモノラル標準/3.5mmステレオミニ
内容品
  • ヘッドホン本体
  • 収納袋
  • 6.3mm to 3.5mmカールコード
  • 3.5mmマイク付きオーディオケーブル
  • Y型ヘッドホン変換アダプターコード
  • 取扱説明書
けんけん
けんけん
様々な機器と接続出来るように、3つのタイプのケーブルが付属しています。

 


【OneOdio Pro-G】ヘッドホンの特徴

特徴
  1. 高音質
  2. 優れた装着性
  3. 幅広い互換性
  4. 持ち運びに便利な構造

① 高音質

 

高級感の漂う外観になっていますが、音質の方もトップクラスの50mm大口径のドライバーを搭載している為、低音から高音までクリアでパワフルなサウンドを楽しむ事が出来ます。

映画や音楽、録音にボイスチャットなどで使用するのがベストなヘッドホンです。

② 優れた装着性

耳全体を優しく包み込むソフトオーバーイヤーパッドを採用しているので、密閉度が高く周囲のノイズを軽減。長時間の使用でも耳が痛くなりません。

通気性や柔軟性も兼ね備えている為、優れた装着性を実現出来ます。

ヘッドバンド部分で大きさの調整も出来るので、装着者の頭のサイズに合わせて使用する事が出来ます。

③ 幅広い互換性

3.5mmプラグで幅広い機器と接続・使用が可能です。

  • PS4
  • PS VITA
  • PSP
  • Nintendo Switch
  • Nintendo 3DS
  • XBOX One
  • パソコン
  • iPad/iPhone/Android

 

④ 持ち運びに便利な構造

画像のように折り畳んでコンパクトに出来るので、専用の収納袋へ入れて簡単に持ち運べます。

商品外装のパッケージも想像よりだいぶ小さかったんですが、ヘッドホン自体も折り畳むと思っていたより小さくなる印象。

 

【OneOdio Pro-G】実際に使用した感想

実際にOneOdio Pro-Gを使用した感想を書く前に、簡単な使い方を紹介しておきます。

使い方

接続先の機器によってヘッドホンに挿すケーブルが違ったりします。

スマホ/タブレットやパソコンと接続する時

スマホ/タブレットやパソコン等、接続先のイヤホンジャックが3.5mmの場合は、下の画像の様にヘッドホン側は6.3mmのプラグを挿し込みます。

後は、ケーブル反対の先の3.5mmプラグをスマホ/タブレットやパソコンのイヤホンジャックに挿し込む事で音楽や音声を楽しむ事が出来ます。

ギターなどの電子楽器と接続する場合

ギターなどの電子楽器のジャックは6.3mmの標準サイズになっている為、先ほどとはケーブルを逆に接続します。

画像同様に、ヘッドホンのイヤーパッドの内側に「R」と書かれてある方に3.5mmプラグを挿し込みます。

ケーブルの反対にある6.3mmプラグをギターなどの電子楽器にあるジャックに挿すとヘッドホンが使用出来るようになります。

ボイスチャットなどマイクを使用する時

ボイスチャットなどでマイクを使用する時は、下のマイクの付いた緑のケーブルを使用します。

接続自体はスマホ/タブレットとの接続方法と同じで、ヘッドホンの3.5mmジャック(イヤーパッド「R」側)にケーブルを挿し込みます。

パソコンなどでは、付属の3.5mmアダプタケーブルとジョイントする事で会話などを楽しむ事が出来ます。

 

使用してみて感じた良い点・良くない点

使用して率直に感じた良い点と良くない点を紹介します。

まずは良くない点から。

良くない点
  • 環境によっては長時間使用で痛くなる事も
  • マイクの耐久性が不明

通気性と柔軟性を兼ね備えた低反発のイヤーパッドを採用しているので、基本的には長時間使用しても耳が痛くなるような事はありませんでした。

ただ、メガネを掛けながら数時間着用していると、耳の付け根にメガネのフレームが押し付けられて痛かったです。

もう1つは、マイクの耐久性が不明な所でしょうか。

マイク自体は自由に角度や向きを変えられるので大変便利なのですが、何度も何度も角度を調節したりしているうちに折れたりしないか少し不安です。

良い点
  • コストパフォーマンスが高い
  • 優れた互換性で使用出来る場面が多い
  • コンパクトに折り畳む事が出来る

4,000円弱のヘッドホンにしては、見た目も高級感があり、作りもしっかりしていて音質もとても良いと感じます。

スマホやタブレットで音楽や音声を楽しむ為に使用したり、パソコンやゲームでボスチャットを利用したり、楽器などに接続して使用したりと言った具合に様々なシーンに対応出来るのも非常に良い点です。

使用しない時は折り畳んでコンパクトに出来ます。付属の収納袋(20x20cm程)に入れて持ち運んだり、カバンに入れて常に携帯しておく事も可能です。

まとめ

今回は自分用に新しく購入した【OneOdio Pro-G】ヘッドホンを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

「折角ヘッドホンを買うなら良いものが欲しい!でも、1万円前後もするのはちょっと…。」なんて考えている人に大変オススメです。

元々ネットで見かけた時に、デザインがヘッドホンって感じで好きだったんですが、実際に使用してみて音質にも不満はありません。

色々なシーンで使用出来て、コンパクトで持ち運びも楽なので満足しています!

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です