生活家電

濡れた靴の乾燥でコインランドリーへ手間が省ける!Shuosiの靴乾燥機は脱臭も出来て機能的

おはこんばんちわ!けんけんです。

恐らく多くの人が1年に1回くらいは、『雨で靴が濡れる』と言う経験をするのではないでしょうか?

僕自身も突然の雨などが原因で1年に何度か靴が濡れるのを味わいます。

靴が濡れてしまった時を思い出してください。

ビショビショになった靴をどのような方法で乾かしていますか?

  • 自宅でドライヤーなどを駆使して乾かす。
  • 天気の良い日に外で干して乾かす。
  • コインランドリーへ行って、靴乾燥機を使用して乾かす。

大抵は上の3つの内どれかだと思います。

まぁ、乾燥にかかる時間や確実性を求めるならコインランドリーが一番でしょう。コインランドリーには乾燥機以外にも靴用の洗濯機もあるので便利です。

しかし、コインランドリーへ行くのも結構な手間でお金も掛かります。なのでコインランドリーの靴乾燥機を使った事がまだありません。

我が家では基本、天気の良い日に外に干しておく事が多いです。

普段はそれで問題はないのですが、梅雨の時期や連日天気が悪い時、どうしても濡れている靴を明日も履かなければならない時などは困ります。

我が家では、梅雨の時期に子供たちのサッカーが土日両方とかになると困る事があります。

ドライヤーなどを使用して全力で濡れたスパイクを乾かしにいきますが、2日目は完全に生乾き状態になってしまいます。

この状況を打破する手段として、自宅でも手軽に靴を乾かす事が出来る『靴乾燥機』を購入しました。

これ一台あれば、靴を乾かしにコインランドリーへ行く手間が省けてしまいます!

Shuosi 靴乾燥機のスペック・内容品

靴乾燥機 外装

スペック

重量約1.06Kg
サイズ長さ 270mm x 幅 175 mm x 高さ 90mm
定格電圧AC 100 V
周波数50/60 Hz
電源コードの長さ約 1.6 m

内容品

靴乾燥機 内容品

内容品は写真の通り、「本体」と「取扱説明書」のみです。

余計な物は一切付属していない、とってもシンプルなセット内容となっています。

詳細

靴乾燥機 本体

本体は折り畳み式と言う事もあり、なかなかコンパクトな上に非常に軽量です。

収納時も場所を取らず、収納も楽チンです。

 

靴乾燥機 操作パネル

本体と操作パネルもそうなんですが値段相応と言いますか、とても安っぽい感じです。

けんけん
けんけん
安っぽくてもしっかりと機能を果たしてくれれば問題ありませんけどね。
靴乾燥機 ノズル

ノズル部分はさまざまな靴に対応出来るようになっています。(画像は最大まで伸ばした状態です。)

電源コードは約1.6mと少し短めになっているので、コンセント付近で使用する事になります。


Shuosi 靴乾燥機の特徴

1台で3役

靴の乾燥機なので乾燥出来るのは当たり前の話ですが、濡れた靴や運動後の靴っていや~な臭いしません?

Shuosiの靴乾燥機は乾燥に加えて、除菌・消臭機能も兼ねているので1台で3役こなす優れものなんです。

オゾン脱臭

ノズルから出る温風にオゾンを含むため、濡れた後のいやな臭いや運動後の汗臭い臭いの元となるニオイ菌を取り除きます。

タイマー機能付き

タイマー機能がしっかりと搭載されているので、お出かけ前にセットしたり消し忘れる心配もありません。タイマーは最長で99分設定出来るようになっています。

対応出来る靴の種類が豊富

靴を引っかけるノズル部分は伸縮性なので、長さや角度を変えてさまざまな靴を乾燥させる事が出来ます。

  • スニーカー
  • 革靴
  • パンプス
  • スパイク
  • 子供の靴
  • ブーツ
  • 長靴

高さ20cmほどのエンジニアブーツまでなら対応出来そうです。それ以上の高さある長靴やロングブーツは対応出来そうにありませんでした。

Shuosi 靴乾燥機を実際に使用した感想

実際に靴乾燥機の使い方を紹介しながら、濡れた靴を乾かしてみたいと思います。

靴乾燥機の電源プラグをコンセントにさすと電源が入ります。

靴乾燥機 電源on
けんけん
けんけん
コンセントに挿すだけで靴乾燥機の電源ONになる感じです。乾燥ボタンを押せば靴の乾燥が始まります。

次に濡れた靴がなかったので用意しました。

今回の検証の為に靴に水をたっぷりかけて、濡れた靴を再現。

ヒモやかかと部分から水がポタポタと垂れるので軽く手で絞りました。

靴乾燥機 濡れた靴セット
設定
  • タイマーON:設定出来る最長の99分に設定
  • オゾンON:除菌・消臭も同時にテストしたいので設定しました。

 

乾燥開始!

靴乾燥機 タイマーセット

オゾンボタンをONにすると「ジリジリジリジリ」とOFFの時よりも少し音がします。

タイマーをセットしているので後は放置して乾くのを待つだけです。

約10分後の状態
靴乾燥機 10後
けんけん
けんけん
乾いてきているのがわかりますねぇ

オゾンは乾燥開始から20分で自然とOFFになるようです。

約60分もすれば、濡れていた靴の80割ぐらいは乾きます。

かかと部分はどうしても他の部分に比べて温風が届きにくい為に乾きにくいです。ラスト5分間だけ下記のように靴をセットしました。

靴乾燥機 かかと乾燥
タイマー終了後
乾燥後 先 乾燥後 サイド 乾燥後 後ろ

濡れていた靴が、乾きにくい冬場ながらバッチリ乾いています。中も手を入れて確認してみましたがインソールもしっかりと乾いています。

けんけん
けんけん
臭いの方は少し残っています。

靴自体を洗ったりもしていませんし、水をぶっ掛けただけなので消臭効果が微妙なのは仕方ないかもしれませんね。

 

Shuosi 靴乾燥機のメリットとデメリット

Shuosiの靴乾燥機を実際に購入・使用をしてみて気付いたメリットとデメリットを箇条書きにして書き出してみます。

デメリット
  1. 安っぽい
  2. 耐久性が不明
  3. 本体を購入する必要がある

スペックの所でも触れましたが、商品自体は非常に安っぽいです。その為、「すぐに潰れるんじゃないだろうか」と、商品の耐久性についても少し不安があります。

使用に関してコインランドリーの靴乾燥機のように、○○分○○円などはありませんが、本体購入費用が必要なのもデメリットに感じられる方がいるかもしれません。

メリット
  1. 低価格で機能はしっかりしている
  2. いつでも靴を乾かす事が出来る
  3. コインランドリーへ行く手間が省ける
  4. コインランドリーの靴乾燥機より安く済む
  5. 濡れた靴をすぐに乾かす事が出来る
  6. 乾かせる靴の種類が豊富
  7. 作動中の音も小さいくて静か

デメリットで本体購入費用が必要と書きましたが、\2,000程と低価格で必要な機能もバッチリ!

自宅でいつでも靴の乾燥が出来るようになる為、コインランドリーへ行く手間がいらなくなる。

スニーカーだけでなく、ハイカットやブーツなどにも対応しているので、様々な靴を乾かす事が出来ます。

元々、靴の乾燥機が欲しかったのもあると思いますが、現状デメリットよりメリットの方が多いと感じています。

けんけん
けんけん
使用中の音の方も大きくなく気にならないので、夜間でも気にせず使用出来そうです。

 

Shuosi 靴乾燥機はこんな人におすすめ

 

Shuosiの靴乾燥機はこんな人におすすめ
  • 濡れた靴を早急に乾かしたい人
  • 低価格の靴乾燥機を探している人
  • お子さんのいらっしゃるご家庭
  • コインランドリーへ行くのが面倒な人
  • 靴を乾かすのにあまりお金を掛けたくない人

安いけどわけのわからないメーカーは避けたい人は、アイリスオーヤマなどの国内メーカーの商品がオススメです。

雨や雪で靴が濡れる日がこれからも絶対にあるので、濡れた靴を乾かす為に靴乾燥機を1台持っていれば便利で安心です。

使用しない時は、場所を取らず収納しやすいのでオススメです。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です