簡単DIY料理レシピ

アイリスオーヤマのスロークッカーでローストビーフ作りに挑戦

おはこんばんちわ!けんけんです。

今日はアイリスオーヤマのスロークッカー 『PSC-20K-W』を使用してローストビーフ作りに挑戦してみたいと思います!

アイリスオーヤマ スロークッカー アイキャッチ
アイリスオーヤマの【スロークッカー PSC-20K-W】は放置するだけで料理が出来る!メリットデメリットともに紹介しますおはこんばんちわ!けんけんです。 毎日毎日、食事の用意をするのは大変な事ですよね? それが自分の為であっても家族の為であっても。...
けんけん
けんけん
スロークッカー『PSC-20K-W』については以前に紹介した上の記事をご覧になってください。
アイリスオーヤマのスロークッカーで実際に作ったレシピまとめおはこんばんちわ。けんけんです。 アイリスオーヤマのスロークッカーはとても便利な調理器具で、以前より当ブログでもその魅力をお伝えし...

スロークッカー ローストビーフ レシピ

今回のローストビーフ作りでの実際のレシピは以下の様な感じになっています。

牛モモ肉334 g
オリーブオイル適量
チューブにんにく適量
しょうゆ45ml
料理酒30ml
みりん30ml
粗びき塩コショウ適量

チューブにんにく以下の調味料は、ローストビーフのソースの為に使います。※ソースにはちみつも加えたかったのですが家になかったので今回は見送りました。

けん妻
けん妻
使用した材料は、近くのスーパーで簡単に手に入るものばかりです。

スロークッカー ローストビーフの作り方

➀ お肉に下味を付ける

下味がお肉の中まで染み込みやすくする為に、お肉をフォークで刺していきます。

一通りフォークでお肉を刺せたら、「粗びき塩コショウ」と「チューブにんにく」をお肉全体に擦りこみます。

しっかりした味を付けたいので、塩コショウは少々多めに。
けんけん
けんけん
同時にローストビーフのソースも作ります。
ソース
  • チューブにんにく
  • しょうゆ
  • 料理酒
  • みりん

上記の調味を混ぜたらソースの完成です。

ソースが作れたら、お肉とソースを耐熱性のジップロックに入れてよく揉みます。

そのまま1時間程、冷蔵庫の中で寝かせます。(ソースに漬け込む工程は省く事も可能です。その場合は次の➁の工程へ。)

 

➁ お肉の表面を焼く

冷蔵庫に寝かしておいたものを取り出し、30分~1時間程掛けて室温に戻しておきます。

けんけん
けんけん
しっかりと室温に戻っていないと、お肉に火が入りにくくなりますよ。

お肉を室温に戻ったらジップロックからお肉を取り出して、キッチンペーパーなどで軽くソースの水分を拭き取りましょう。

フライパンにオリーブオイルを引いて、水分を拭き取ったお肉の表面を強火で焼いていきます。

けんけん
けんけん
表面に焼き色が付くぐらいで大丈夫です。

お肉の表面を焼く事で、お肉内部に肉汁を閉じ込める作用になります。

また、表面に付着している菌を死滅させる効果もあります。(※約70℃で1分くらい表面を焼けば菌を死滅出来ると言われます。)

ジップロックから一度ソースを出して、電子レンジやお鍋でソースを加熱しておきましょう!お肉を漬け込む工程を省いた場合もソースを加熱してください。

その後、ジップロックに表面を焼いたお肉と加熱したソースを再び入れます。

 

➂ スロークッカーへお肉を投入

鍋やポットでお湯を沸かし、スロークッカーの内鍋にお湯を注ぎこみます。

ここで、先日ダイソーで購入したデジタルキッチン温度計の出番です。

ダイソー キッチン温度計 バナー
ダイソーでも手に入る!デジタルキッチン温度計を使って料理を作ろうおはこんばんちわ!けんけんです。 季節も季節なもんで少し前からアイリスオーヤマのスロークッカーを使って、ローストビーフを1回作って...

今回は試しに、お湯の温度は80℃ぐらいにしてみました。

スロークッカーのスイッチをONにして準備が出来たらジップロックのままお肉をお湯に沈めます。(スロークッカーは初め「弱」にしていましたが、温度が下がってきているようだったので、「強」へ変更しました。「保温」の方がいいのかもしれないです。)

けんけん
けんけん
お湯の中に沈める時は、ジップロック内の空気を出来るだけ抜いて真空状態にしてください。空気が多いとジップロックが浮いてきてしまいますので。

キッチン温度計で時々温度を見ながら約50分。(50分間の温度は82℃前後でした。)

ローストビーフはお肉の中心温度が、57℃前後くらいが一番いいと言われます。

ローストビーフ 食中毒 アイキャッチ
ローストビーフって食中毒が心配だけど手作りしても大丈夫?おはこんばんちわ。けんけんです。 ローストビーフってクリスマスなどの華やかなイベントを彩る料理として有名ですね。 我が家でも...

④ 切り分ける

目安の時間が来たら、ジップロックごと取出して冷水に浸けて粗熱を取ります。

粗熱がとれたらジップロックよりローストビーフを取り出して切り分けます。

けん妻
けん妻
さぁ、うまく出来たかなぁ
けん妻
けん妻
ちょっと中まで熱が入りすぎたね
けんけん
けんけん
50分は長かったようだね

 

⑤ 湯銭の時間と温度を調整

※追記 時間を調整して再挑戦

湯銭するお湯の温度は前回とほぼ同じで、時間を少し短縮して再度作ってみました。

前回より10分短縮して約40分でスロークッカーから取り出してみました。

けんけん
けんけん
なかなか上手に出来たんではないでしょうか
※追記 温度と時間を更に調整した結果

3度目は以下の条件でテストしてみました。

  • スロークッカー内のお湯の温度…64℃前後
  • 湯銭時間…約20分

湯銭中にお肉の中心温度をチェックする為に数回取り出し測定しました。

約20分経過した段階でお肉の中心温度が54℃になっていましたので、お肉をスロークッカーから取り出しました。

ローストビーフ3度目

これぞローストビーフ!って言う出来栄えになりました。

 

 

⑥ スロークッカーで失敗しないローストビーフ作り方

最後の湯銭の条件を3パターンに分けて試した経験で得た、スロークッカーで失敗しないローストビーフの作り方をおさらいしておきます。

失敗しないローストビーフの作り方
  1. お肉に下味を付ける
  2. ジップロックにお肉とタレを入れて冷蔵庫で寝かせる
  3. 1時間程かけてお肉を室温に戻す
  4. お肉表面を各部1分くらい焼く
  5. 再びジップロックにお肉とタレを入れる
  6. 60℃~70℃のお湯をスロークッカーに入れて温度をキープ
  7. スロークッカーでお肉を20~30分湯銭する
  8. ジップロックごと粗熱をとる
  9. 切り分ける

3度目に作った時の条件と同じになっています。

けん妻
けん妻
湯銭の時間や温度はあくまでも目安だと考えてくださいね。

他のレシピはこちら

おでん アイキャッチ画像
アイリスオーヤマのスロークッカーで作る『おでん』おはこんばんちわ!けんけんです。 寒い日が続きますね~。 寒い日の晩御飯などに体も温まる『おでん』ってピッタリですよね。 ...

スロークッカーでローストビーフ作りに挑戦 総括

最後にアイリスオーヤマのスロークッカー『PSC-20K-W』でのローストビーフ作りを簡単に振り返ってみます。

結果は…『あと少し』と言ったところでした。

うまくいかなかった要因として

  1. 食中毒などを恐れすぎてお肉中心に熱が入りすぎた。
  2. スロークッカーのスイッチを「保温」ではなく「強」で調理した。

今回は完全にビビりすぎたと言う事でしょうね。

クリスマスや正月に誕生日、お祝い事にもってこいのローストビーフですので作れるようになっておきたいなと思っています。

今回の経験で、次はもう少し調整が出来そうなので上手く出来ると思います。

この記事を目安にスロークッカーでのローストビーフ作りに挑戦してはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です